国民健康保険キャッシング

国民健康保険で借りれる?

消費者金融等の貸金業者でキャッシングをする際には、他人に成りすましの防犯対策として、本人確認をすることが義務つけられています。通常、本人確認には運転免許証や保険証等の身分証明書を提出することで事足ります。

店舗窓口での申し込みであれば、直接免許証や保険証の提出を求められますし、web上での申し込みであれば、免許証や保険証を撮影した画像を送付することで本人確認になります。

身分証明書

消費者金融の身分証明で使えるのは、運転免許証、パスポート、健康保険証、住基カード等になりますが、顔写真と住所が記載されている運転免許証と住基カードであれば文句なしに証明終了となりますが、顔写真のない健康保険証については別途郵送による手続きが必要となります。

健康保険証

顔写真がついていない健康保険証を身分証明に使用する場合、大手のカードローンでは一回で済まないこともあるため、少々面倒なところもあります。したがって、一回ぽっきりで証明が終了する運転免許証が一番便利なわけですが、取り消し等が理由で免許証を保有していない人もいます。そういった方は健康保険証を使用しての身分証明となります。

健康保険証でも、会社勤めをしている際に発行してもらえる社会保険証と、主に自営業者や無職の人が使う国民健康保険証があります。当然のことながら、社会保険証のほうが信用度も高いわけで、大手や中堅の消費者金融では社会保険証以外では審査に通らない業者が大半を占めています。

なぜならば、個人向け融資の貸金業者は個人の信用を担保に融資を行うわけで、無職や自営業者は対象外となるからです。もしも自営業者が融資を希望するならば、確定申告書や収入証明などの書類を別個提出しなければなりませんし、審査に通るハードルはかなり高いと言わざるを得ません。

国民健康保険証 社会保険証

国民健康保険では

以前の貸金業者なら国民健康保険証でも融資が可能な業者は少なくありませんでした。当時は社員が少ない会社は社会保険を完備していないことも少なくなかったことから、国民健康保険証を提出した上で勤務先へ電話をして在籍確認がとられれば完了ということになっていました。

しかし現在では制度も変わって、かつてのように社員が少ないから社会保険を省略することも出来なくなったことから、国民健康保険証=無職・自営業という図式になってしまいました。

したがって、そういった無職や自営業者が利用できる貸金業者が存在するかといえば、少なくてもweb上で探すのは困難なことです。あるとすれば、スポーツ新聞の広告に掲載されている零細業者でしょう。そういった零細業者ならば、国民健康保険証で借りれる可能性はあります。ただし、信用は低くなりますので、借りれたとしても10万円くらいだと考えたほうがいいです。